スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想、妄想、『猫太郎』(何か、もう開き直ったがです)

鬼猫の間に生まれる子供達については、ファンの数だけ妄想があるわけです。二次創作万歳!!というわけで…… 
 
結構前の記事で、一コマ漫画もどきのネタ『猫太郎』に面白い反応を返してくれる方がいらしたので、それから実は色々考えていました。 
 
落書きなので、後で消すか、色々変更するかもしれません。 
 
『高山鬼太郎』に関わった事のある女の子達の名前から、分かりやすい一字を取って、単純に『太郎』の頭にくっつけただけの……完全に、只のネタだったわけですが。 
 
鬼太郎父子は、ネーミングセンスが無さそうなイメージが、何となく……あります。 
 
  
性格も顔も父親似だけれど、髪質は母親譲りの色をしているところから、能力は母親譲りで、髪の毛を操る、体内電気等、幽霊族特有の技は使えない。(それは地獄の鍵と共に歳の離れた妹が継ぐ)その代わり、再生能力は父親よりも高い……という風に妄想しました。 
 
そして、母親と同じく、時々猫化する。 
 
強くなりたくて、黒鴉に弟子入りする。 
 
この設定だと、父親よりも内向的に育つかもしれない。 
 
 
明るい性格に育った場合の(分かりやすい外見の)妄想 
     ↓
 
 
五期の猫娘は、猫目なのに、回によっては垂れ目に見える作画の時がありますよね。 
 
前々から思っていたのですが、『ミスター味っ子』と『WARASHI』(寺沢先生、唯一の妖怪漫画)の中盤くらいまでの寺沢大介先生の絵をちょっと現代風にするとかなり五期ゲゲゲの作画に近い気がしてならないのですが(味っ子はともかく、ワラシなんて、知っている人いるのか……?) 
 
水木しげる先生以外で、鳥山石燕風に妖怪を描かれている漫画家は、未だアノ頃だと他に藤田和日郎先生くらいしか居なかったような……。 
 
 

 

 
 
 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新宮 古羊

Author:新宮 古羊
FC2ブログへようこそ! 
雑多に色々な事柄について言いたい放題描き(書き)たい放題するつもりなんですけども、今のところは鬼太郎関係の事柄が多くなりそうですね。(あと、創作について)

『アニメ版鬼太郎』については、二期から五期まで全て好物なんですけど、創作しやすいのは主に五期です。鬼猫と源五郎さんを主に愛でつつ、好きなように描いたり書いたりしてゆくつもりです。
 
どれだけ古い記事にでも、コメント頂けた場合、御返事致します。 

なお、予告無く過去の記事を後で再編集する事があります。(殆ど文体の軽い修正程度に留まるとは思いますが)御容赦下さい。
 
 
当方はリンクフリーです。(報告の有無はどちらでも構いません)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。